名護署は23日、国頭村安波の普久川(通称・タナガーグムイ)で行方不明になっていた沖縄市の男子大学生(20)が遺体で見つかったと発表した。同日午前6時30分ごろ、捜索に当たっていた警察官が滝つぼ付近の川に浮いている男性を発見、川から引き上げ死亡を確認した。同署が死因とともに事件事故の両面から死亡した経緯を調べている。

 同署によると、男性は20日午後7時30分ごろ、友人3人と一緒に滝つぼ付近を散策中、うち1人と滝つぼに向かおうと石伝いに渡っていたところ、行方が分からなくなった。

 女性から「一緒にいた男性がいなくなった。落ちたかもしれない」と通報があり、警察や消防が捜索していた。