男子A100メートル決勝で、新崎仁也(那覇)が自己ベストの11秒21をマークし、大会記録を0秒01縮めた。これまでの自己記録は、19日の全国中学校体育大会(全中)で出した11秒33。4日後のレースという厳しい日程にもかかわらず、0秒1以上短縮する快走だった。 「飛び出す反応が遅い。