首位撃破-。サッカーJ3で10位のFC琉球は24日、東京都町田市立陸上競技場で首位のFC町田ゼルビアと第22節を戦い、1-0で競り勝った。

町田-琉球 後半、敵陣左サイドを攻め込む琉球のMF藤澤典隆(右)=東京都町田市立陸上競技場(花城克俊撮影)

 5試合ぶりの白星で、通算は6勝11敗5分けで勝ち点は23。順位は9位に浮上した。

 琉球は、前半27分に左サイドを攻め立て、DF浅田大樹のクロスにMF藤澤典隆が頭で合わせて先制点を挙げた。

 後半、高い攻撃力を誇る町田に攻め込まれ、自陣での戦いを強いられた。

 だがGK高野純一らDF陣が決定機を与えず、終盤には最終ラインを4人から1人増やし、厚い防御で反撃をしのぎ切った。

 次戦は31日、秋田市八橋運動公園球技場で10位のブラウブリッツ秋田と対戦する。