文部科学省は25日、小学6年生と中学3年生を対象に、今年4月に行われた2014年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を発表した。全国最下位が続いていた沖縄は、小学校(公立のみ)の成績が大幅に向上し、算数Aは全国6位だった。県の試算では、全4科目(国語A・B、算数A・B)の総合では24位。中学校は前年に続いて各科目とも最下位だったが、国語B以外の3科目で全国平均との差を縮めた。