全国一高い完全失業率に頭を悩ませてきた沖縄県内で、「人手不足」の業種が広がっている。県や労働局が労働条件の改善を求めた場で、人手不足が指摘されていた保育士などに加え、宿泊業や飲食業を営む業界団体から「人が足りない」と悲痛な声が上がった。