琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設の山城秀之教授らの研究グループが、座間味村阿嘉島沖の軟質サンゴの一種に被害を与えている糸状の細菌(シアノバクテリア)が増える仕組みを解明した。