【読谷】米軍の不発弾処理隊は28日午後1時から2時まで、読谷村のトリイ通信施設内の黙認耕作地で弾薬の処理作業をする。27日、村や楚辺区などに伝えた。

 村によると、弾薬は26日に発見。作業中は耕作地への立ち入りは禁止されるという。同施設は「現場の半径300メートル以内に民家はなく安全だ」と話した。