【名護】武田良太防衛副大臣は28日午前11時ごろ、米軍普天間飛行場の移設に向け名護市辺野古沿岸部で進められている海底ボーリング調査現場を上空からヘリコプターで視察した。

防衛副大臣の上空視察に対し、空に向かって抗議する市民ら=名護市辺野古・米軍キャンプ・シュワブのゲート前、28日午前10時半ごろ

 米軍キャンプ・シュワブのゲート前に集まった抗議の市民らは、上空にプラカードや横断幕を掲げながら「副大臣は帰れ」「県民は許さないぞ」と訴えた。

 これに先立ち、ゲート前で開かれた集会で、ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表も副大臣の上空視察を非難し、「海と陸で協力し、きょうも一日行動していこう」と呼び掛けた。