【宮古島】観光スポットとして人気のある同市平良の砂山ビーチで水難死亡事故が多発していることから、市と市水難事故防止推進協議会は23日、利用者へ注意を呼び掛ける看板を設置した。急に深くなったり、潮の流れが急になる場所があるなど同ビーチの特徴などを知らせている。

水難事故防止のため、注意を呼び掛ける看板=宮古島市・砂山ビーチ入り口

 ビーチでは、7月10日に男性2人、8月14日に女性2人がおぼれ、亡くなる事故があった。4人はいずれも観光客だった。

 看板にはそのほか、警報や注意報が出された場合は、海に入らないことや、シュノーケリングは2人一組ですることなどを呼び掛けている。