【石垣】秋の訪れを告げる旅鳥のツメナガセキレイが24日、石垣市の通称・平田原の水田に飛来した。

水田に飛来したツメナガセキレイ=石垣市内

 水田は2期作に向けて土を起こす作業が進み、ツメナガセキレイは土の中から表層に出てきた虫を食べているのか、歩きながら土や草の中に頭を突っ込んでいた。

 サイズはスズメよりやや大きい程度で、周囲には同種の3羽ほどが見られた。群れの数は少ないが、暖かい沖縄で冬を越そうと、続々、繁殖地の北海道から飛来してくる。