【名護】名護パイナップルワイナリー(上原武社長)は28日、砂糖を入れないパイン缶詰とジュース「ロイヤルスウィート」の製造を始めた。缶詰は3万缶、ジュースは3万5千本を製造販売する予定。

原料の甘みを生かしたパイン缶詰やジュース=28日、名護市

 一年で最も糖度の高い夏の実を、契約農家から約100トン集荷する。買い取り価格は1キロ当たり125円で、うち5円を栽培研修などの農家支援費として積み立てる。製造は9月上旬までの期間限定。

 原料は皮果汁まで使い切り、缶詰やジュースのほか酢、ワイン、ジャム、ゼリーなどに加工することでゼロエミッションにも取り組む。

 観光関係者や生産農家らを招いた始動式で、安里清ナゴパイン園グループ会長兼CEОは「生産農家の協力のおかげで12年目を迎えた。農家が生産意欲を高め収入が確保できるよう付加価値を高める努力をしている。今後も地域と連携をとりながら頑張りたい」とあいさつした。

 小売価格(税込み)はパイン缶詰698円、ジュース1296円。同ワイナリーのほか古宇利オーシャンタワーなどパイン園グループ6カ所で販売している。特にパイン缶詰は好評で、年内には売り切れる見込み。