プロバスケットボールbjリーグの琉球ゴールデンキングスは28日、沖縄市体育館で韓国プロリーグ(KBL)のソウルサムソンサンダースと練習試合を行い、88-76で勝利した。伊佐勉ヘッドコーチ(HC)は「今季最初の試合なので勝ちたかった」と上々のスタートを喜んだ。

キングス-サムソン 前線でボールを回すキングスのアンソニー・マクヘンリー(手前)ら選手たち=沖縄市体育館

 岸本隆一の3点弾や、アンソニー・マクヘンリーが攻守で活躍したほか、小菅直人、山内盛久は積極的守備で、並里成も鋭いドライブで内に切り込むなど、状態の良さがうかがえた。一方で、守りのリバウンドを奪われる場面が目立ち、伊佐HCは「ポジショニングがずれている。個人は良いが、ゲームコンディションが整っていない」と修正点を挙げた。

 キングスは9月3、5の両日、午後7時半から同体育館で、ナショナルリーグ(NBL)のトヨタ自動車アルバルク東京とプレシーズンゲームを行う。