【名護】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは29日も米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議集会を開き、ボーリング調査が進む辺野古沿岸部ではカヌー隊を繰り出して抗議の声を上げた。

シュワブのゲート前テントで腕を組み、歌いながら新基地建設反対を訴える人々=29日午前10時半、名護市辺野古

 ゲート前では午前10時前から市民ら約50人が集まった。奈良県から駆けつけた人々はハーモニカ演奏をバックに「新基地いらない、辺野古にいらない」と歌を披露して盛り上げた。その後全員で「サンゴを守ろう」「大浦を子供たちに残そう」と抗議のシュプレヒコール。海上でもカヌー10数隻が沖に出て、建設反対を訴えた。