【名護】名護市は広報「市民のひろば」9月号で、「普天間飛行場代替施設をめぐる動向」と題し、沖縄防衛局による辺野古でのボーリング調査着手のほか、「埋め立て本体工事は進んでいない」とする内容を1ページ使い、掲載した。

 防衛局が辺野古漁港周辺を作業ヤードとして埋め立てるための許可申請などを提出しているが、「多くの不備があり、防衛局が補正に応じていないため、手続きが進んでいない」と誌面で説明。市長の権限にかかわらないよう防衛局が計画を変更し、ヤードの場所を移す場合は本体工事の変更に伴う県知事の承認が必要で、「これは埋め立て承認願書に示された用途変更に当たる」と指摘している。また、公有水面埋立法の規定では当初の承認時と同様に「地元市町村長の意見を聞く必要がある」などと記載している。

 ボーリング調査を「政府の暴挙」と批判し、「名護市のことは名護市民が決める」との稲嶺進市長のコメントも掲載している。