昨年12月、仲井真弘多知事が辺野古の埋め立てを承認して以降、初めてとなる沖縄振興予算の概算要求は、3794億円と仲井真県政への「満額回答」となった。