沖縄県勢最年少18歳の新垣夏紀(チーム沖縄・浦添高)は女子組手61キロ級の敗者復活戦を勝ち進み、初出場で3位に入った。コートサイドから指示を送った田村正人監督は「勝利への気迫が勝った」と全日本選手から奪った大金星をたたえた。 初戦はいきなり優勝候補のイラン選手に挑み、敗れたが0-2と善戦した。