アサヒビール(東京)は9月2日、発泡酒の新製品「アサヒ スーパーゼロ」を全国一斉に発売する。プリン体と糖質の両機能性がともに「ゼロ」の特長を備えた同社初の製品。特許出願中の米乳酸発酵液を初めて原料に採用することで機能性ビール市場に新たな価値を提案、ビールに近い本格的な飲み応えを実現した。アルコール度数は5・5%。

新製品の「アサヒ スーパーゼロ」をPRするオリオンビール営業戦略部次長の加藤孝雄氏=29日、沖縄タイムス社

 29日、PRのため沖縄タイムス社を訪れたオリオンビール営業戦略部の加藤孝雄次長は「ビール各社の数ある機能性ゼロ製品の中で、これが一番。県民の皆さんにぜひ飲んでほしい」と呼び掛けた。