喜友名諒(全空連ナショナルチーム・劉衛流龍鳳会)が、地元での世界大会で貫禄勝ちした。「気持ちも乗っていて、楽しく演武ができた」と喜びをかみしめた。 プレミア個人戦は4度目の出場。「自分を支えてくれる多くの人に自分の形を見てもらいたい」と感謝の思いを込めて臨んだ。