任期満了に伴う名護、沖縄、宜野湾、南城、石垣の5市の市議選は31日告示され、計125人の定数に、午前11時現在で156人が立候補を届け出た。9月7日の投開票に向けて、各地で支持を訴える。

 名護市議会には35人(定数27)、沖縄市39人(同30)、宜野湾市31人(同26)、南城市22(同20)、石垣市29人(同22)が届け出ている。