任期満了に伴う名護、沖縄、宜野湾、南城、石垣の5市の市議選が31日告示された。米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で全国的に注目を集める名護市(定数27)には、35人が立候補。5市で計125人の定数に、156人が立候補を届け出た。5市全体の倍率は1・25倍で、各地で激戦となる。