8月23日に名護市辺野古の新基地建設着工で政府に抗議する集会をキャンプ・シュワブゲート前で開いた野党国会議員や県議らは1日、那覇市内で実行委員会会議を開き、20日午後2時に辺野古の浜辺で再度集会を開催することを決定した。辺野古漁港に隣接する浜辺を会場に2千人以上の参加を呼びかける。

 実行委は8・23集会で那覇市と沖縄市からバスを運行したが、次回20日の集会はより多くの人が乗車できるよう複数の市町村から出発するバスの手配を進めている。詳細は9日にも予定する会見で発表する。

 同時並行で検討を進めている万人規模の集会は10月中旬を予定し、会場は名護市の21世紀の森で開催する案が出ている。