任期満了に伴い、県内の6町16村議会議員選挙が2日、告示される。22町村の計257議席に対し、300人が立候補を予定。8月31日に告示された5市議選と併せ、投票日の7日に向けて、統一地方選挙はピークを迎える。

 22町村議選には現職201人、新人89人、元職10人が立候補を予定し、女性は25人が出馬する見通し。

 最も激戦が予想されるのは定数12に対し17人が立候補を予定する竹富町。一方、中城村(定数16)、伊江村(同10)、渡嘉敷村(同7)は、定数と同数の立候補予定者しかおらず、無投票となる公算が大きい。

 各候補者は、地域振興や子育て支援など、生活に密着した政策をアピールしながら、有権者に支持を訴える。

 翌日開票の竹富町を除き、5市21町村で7日に即日開票される。