空手道の全日本ジュニア選手権大会(白蓮会館主催)が24日、大阪府立体育会館であり、小学3年男子初級(体力指数157以上)で知名祐輝(白蓮沖縄)が優勝した。

8強以上の成績を残した白蓮沖縄の(後列左から)真境名一聡、仲田凜、(前列左から)津嘉山敬太、知名祐輝、島袋浬瑞=沖縄タイムス社

 知名は「1回戦は緊張で自分の動きが出せなかったけど、だんだん動けた。中段突きが決まってうれしかった」と喜んだ。

 幼年女子の島袋浬瑞(りいず)、小学4年男子初級(同165以上)の津嘉山敬太は準優勝。2人は「次は優勝する」と誓った。