2014年統一地方選挙は2日、町村部が告示され、27市町村議選(定数382)の立候補者455人が出そろった。内訳は現職302人(66・4%)、新人137人(30・1%)、元職16人(3・5%)。市部では、10年の前回選挙と比べて、新人の割合が7・4ポイント減少。