海上保安庁は3日午前、米軍普天間飛行場の返還に伴う新基地建設の海上作業が進む名護市辺野古沖で、工事区域を示すフロート(浮具)の外側にあるオイルフェンス内でカヌーに乗って抗議行動をしていた市民ら3人を一時拘束した。約30分後に市民らを解放した。

 市民らによると、同日午前も2日と同じ場所でスパット台船2基がボーリング作業を実施している。

 キャンプ・シュワブのゲート前には、約100人が参加。「ボーリング調査をやめろ」「海を守れ」などとシュプレヒコールを上げた。