米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は3日午後、公有水面埋立法に基づく設計概要の変更申請を沖縄県北部土木事務所に提出した。工事用仮設道路や中仕切り護岸の追加、水路(美謝川)切り替えルート変更と埋立土砂運搬方法の一部変更などを盛り込んだ。

 井上一徳局長は「設計概要変更申請書について、今後沖縄県での審査が行われることから、理解が得られるよう最大限努力するとともに、一日も早い普天間飛行場の返還とキャンプ・シュワブへの移設に向けて、引き続き全力で取り組みたい」とコメントした。