米軍普天間飛行場返還に伴う新基地建設が進む名護市辺野古沖で4日午前10時50分ごろ、スパット台船に近づき抗議しようと、カヌーでフロート(浮具)を乗り越えた市民10人が海上保安庁に身柄を拘束された。午前11時45分ごろに解放された。

カヌーから降りた市民を、海中から引き揚げる海上保安庁の職員=4日午前10時50分、名護市辺野古沖

 他の市民らが「正当な抗議行動に介入するな」と糾弾。海上保安庁の職員は「ここは立ち入り禁止区域です」声を荒らげた。

 また、米軍キャンプ・シュワブのゲート前には県内外から約70人が参加。「ボーリング調査やめろ」「大浦湾を返せ」とシュプレヒコールを繰り返した。