【東京】山口俊一沖縄担当相は4日の就任会見で、9、10の両日に沖縄を訪問し、仲井真弘多知事や市町村長らと会談すると発表した。米軍普天間飛行場も視察するが、移設工事が進む名護市辺野古を訪れる予定はないという。

山口俊一氏

 山口氏は訪問の意義について「自分の目でしっかり現状を把握し、いろんな声を聞き今後の施策に反映したい」と述べた。会談には辺野古移設に反対する稲嶺進名護市長も参加する可能性を示唆した。

 辺野古を視察しない理由は「振興策を進めることを優先したい」と説明。今後、菅義偉官房長官と相談し「必要であれば視察する可能性もある」と述べた。

 また、仲井真氏が導入に前向きなカジノを含む統合型リゾート(IR)について、「まだ与党内で(意見の)一致を見ていない」と慎重な姿勢を示した上で、「沖縄振興に役立つのであれば前向きに考えるべきだ。個人的には効果があると思う」との見解を示した。