沖縄防衛局は3日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て工事で、4件の設計変更を沖縄県に届け出た。辺野古ダムの管理権を持つ名護市の同意が必要だったダム周辺工事2件を見直した。