【石垣】多くのトンボが舞う季節となった30日、石垣市の水田地帯、通称・平田原ではどう猛で知られるタイワンウチワヤンマが見られた。

ウスバキトンボを捕食するタイワンウチワヤンマ=石垣市、平田原

 ヤンマは7・5センチほどの大型で、空中を飛んでいた約5センチのウスバキトンボを捕らえると、そのまま草に止まり、頭の方から食べ始めた。

 食欲おう盛で、あっという間に胸の部分まで食べると、腹の半分ほどは捨て、しばらくじっとしてから悠々と去っていった。

 秋に向かう時期、水田にはトンボの数も増え、「弱肉強食」の世界が繰り返されている。(奥沢秀一通信員)