仲井真弘多知事は5日の記者会見で、米海兵隊のAV8Bハリアー垂直離着陸攻撃機1機が米軍嘉手納基地に緊急着陸した際、機体から出火したことに、「原因究明と公表、安全管理の徹底を、何度でも口酸っぱく申し上げるしかない」と語った。県基地対策課は同日午前、沖縄防衛局と在沖米海兵隊に対し、原因究明などを口頭で求めた。

米軍航空機事故について、記者会見で質問に答える仲井真弘多知事=5日、県庁

 仲井真知事は「米軍航空機関係の事故は(過去にも県内で)起こった歴史がいろいろある。軍関係は事故原因の中身が公表されにくい傾向にある」と指摘。さらに「原因究明まで運用しないのが常識的な対応」と、日本側に原因が知らされないまま、米軍が飛行や訓練の再開を繰り返してきた経緯についても不快感を示した。