任期満了に伴う24市町村の議員選挙が7日投票、竹富町を除く23市町村が即日開票される。今回の統一地方選には定数382に対し、455人が立候補。各候補者は最終日の6日、最後の訴えで地域を回る。

 米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古への新基地建設で揺れる同市では、建設反対の稲嶺進市長を支える与党が過半数を維持するかどうかが注目されている。

 各市町村の候補者は、最終盤の集票活動で地盤を固めるほか、浮動票を獲得するため、街頭をくまなく回り奔走している。選挙活動は最終日6日の午後8時まで。期日前投票も6日まで各市町村で実施される。