18年も前に出土していた貝殻の中から、沖縄の歴史を塗り替える金製の古銭が偶然見つかった。県立埋蔵文化財センターの職員が発掘年度などを記載しようと貝殻を手に取ったところ、ころころと何枚か転がり出てきたという。 (西江千尋、城間有) 「誰かがいたずらして貝殻に金紙を入れてます」。