第64回沖縄県高校野球秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)が6日、開幕した。

県高校野球秋季大会開会式で、健闘を誓う名護の比嘉勇麻主将=6日午前9時15分ごろ、沖縄セルラーパーク那覇

県高校野球秋季大会開会式で整列する各校の選手たち=6日午前9時ごろ、沖縄セルラーパーク那覇

県高校野球秋季大会開会式で、健闘を誓う名護の比嘉勇麻主将=6日午前9時15分ごろ、沖縄セルラーパーク那覇 県高校野球秋季大会開会式で整列する各校の選手たち=6日午前9時ごろ、沖縄セルラーパーク那覇

 雨天のため、沖縄セルラーパーク那覇で行われた開会式には、出場60チームのうち56チームが参加。名護高校の比嘉勇麻主将が「センバツ出場という目標に向かって、チームメートを信じ、自分を信じて、一戦一戦、全力プレーで戦うことを誓います」と選手宣誓した。

 大会第1日は、沖縄セルラースタジアム那覇の開幕試合・沖縄高専―宮古総実など1回戦7試合を行う。雨天のため、試合時間などに変更の可能性がある。

 10月5日予定の決勝まで、新チームが熱戦を繰り広げる。上位2チームは、来春の選抜大会の選考資料となる九州大会(10月25~30日・福岡)の出場権を得る。