8月の全国総体8強メンバーが残る小禄が、80点差をつける大勝で決勝に駒を進めた。代名詞のマンツーマンやゾーンディフェンスが機能。足を使って高い位置から圧力をかけ、相手の攻めのリズムを狂わせた。堅守で主導権を握ると、攻めてもボールがよく動いた。