西原が決勝に進み、6月の県総体で敗れた那覇と再戦する機会をつかんだ。出だし、いまひとつリズムに乗れなかったが、得点源のセンター高江洲蓮華がフリースローや内からのシュートを確実に決めて流れを持ってきた。1年生ガード稲嶺明莉も、絶妙なタイミングでパスを出し、フォワード陣を支えた。