「最近は跳べていなくて、不安だった」。女子走り高跳びで全国総体予選落ちを味わった徳本鈴奈(那覇西)が、1メートル67の大会新で優勝した。自身の県記録1メートル76には遠く及ばないものの、再浮上へ第一歩を踏み出して安堵(あんど)の表情を浮かべた。