両チームともエースの好投、無失策の堅守で0が並んだ開幕試合は、代打の一振りで決着がついた。 0-0で迎えた九回、八重山は内野安打と四球で2死満塁のチャンス。仲里真澄監督は「持っている選手」と勝負強い又吉海智を代打に送った。 「(前の打者への投球で)変化球がショートバウンドしていた。直球で来る」。