名護が苦しみながら初戦を突破した。 1点を追う九回、二塁打と四球で無死一、三塁とし7番大城卓巳のスクイズで同点。1死満塁とチャンスを広げ、1番島袋太志が前進守備の間を抜く中前打を放ち逆転勝ちした。昭薬付の好投手、我那覇宗平の前に、走者を出しながらも、あと一本が出なかったチームを救った技あり打。