翁長雄志那覇市長は8日午前、名護市議選で米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する与党候補が過半数を維持したことについて「辺野古に基地をつくらせないという市民の気持ちが表れている。これを踏まえて私も行動したい」と述べた。自宅前で記者団の取材に答えた。

 自身が近く正式に出馬を表明する沖縄県知事選への影響については「大きな争点を背負って戦った名護市議会の与党が、しっかり過半数を取ったことは私としても力強い」と説明した。