【東京】菅義偉官房長官は8日午前の会見で、名護市議選の結果、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する候補者が過半数を占めたことについて、「市議選はその一点だけの結果ではない。辺野古移設は淡々と進める」と述べた。

 また、「地元のみなさんにはさまざまな意見があることは承知している」とした上で、「普天間の固定化は絶対に避けなければならない」と強調。「一日も早く普天間返還が実現できるよう全力で取り組む」と政府の姿勢を示した。

 また、11月の知事選の結果は辺野古移設計画の見直しにはつながらないとも指摘。「もう埋め立て承認は頂いている。法律に基づいて粛々と進めていくということだ」と述べ、基地問題自体が争点にならないとの考え方を示した。