台風14号は8日、日本の南海上を発達しながら東に進んだ。今後も発達を続け、9日は風速25メートル以上の暴風域を伴って伊豆諸島の南に進む見通し。気象庁は強風や大雨に注意するよう呼び掛けた。小笠原諸島でも強風に注意が必要だ。

 気象庁によると、伊豆諸島では8日は次第に風が強まり、9日は非常に強い風が吹く。9日未明にかけて1時間40ミリの激しい雨の恐れもある。9日朝までの24時間予想雨量は120ミリ。竜巻などの突風や落雷の恐れもある。海上はしける。

 9日にかけて予想される最大瞬間風速は伊豆諸島35メートル、小笠原諸島25メートル。波の高さは5~6メートル。(共同通信)