【屋我地島】沖縄県名護市饒平名の「古民家カフェ喜色」で飼われているヤシガニが、店のマスコットとして来客を楽しませている。両足を広げると約50センチにもなる大型のヤシガニが捕れるのは珍しく、13日の「やがじ祭り」でお披露目する。

猫もおっかなびっくりの大型のヤシガニ=名護市饒平名「古民家カフェ喜色」

 カフェを経営する喜納敏男さん(65)が8月20日夜、帰宅途中の道路で黒いかたまりを発見。近づいてみると大きなヤシガニが爪を広げて威嚇していた。喜名さんは「普通のカニかと思ったらヤシガニでびっくり」と、保護し飼育を始めた。

 市文化財保存調査委員長の岸本林さん(59)にみせたところ「こんなに大きいのは久しぶり。やがじ祭りの来場者に見てもらおう」と盛り上がった。ドラゴンフルーツなどの餌をやり、かわいがっている。

 「やがじ祭り すりてぃ遊ばな屋我地島」は、13日午後6時から済井出集落センター屋外ステージで開かれる。アームレスリング大会のほか屋我地の文化芸能(舞踊、民謡、空手、エイサー)などがある。