【嘉手納】名護市辺野古の米軍新基地建設問題で嘉手納町議会(徳里直樹議長)は9日の9月定例会初日の冒頭で、工事の中止などを求める意見書案を賛成多数で可決した。意見書では正当な抗議行動への弾圧や過剰警備をやめること、キャンプ・シュワブの旧ゲート前に設置している山型鉄板の撤去なども求めている。