【うるま】美術家の城間喜宏さんの第61回作品展「立体と平面のコラボレーション・ブルーファンタジアの世界」が、うるま市みどり町の「ギャラリーROSEの香」で開かれている。15日まで。入場無料。

作品を鑑賞する来場者=うるま市みどり町・ギャラリーROSEの香

 バイクのマフラーやマネキンなどをキャンバスに見立て、鮮やかな青地に象形文字を描いた立体作品や、絵画など約30点がそろう。

 城間さんは「何度でも足を運んで造形の面白さを楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 11月17日からは、那覇市のタイムスギャラリーで、城間さんが主宰する美術研究会「白馬会」の作品展示会が開かれる。