【渡嘉敷】渡嘉敷中学校(上原義弘校長)の全生徒17人が昔ながらのサバニをこぐ「サバニ体験~飛び出せ とかしきっ子」(主催・渡嘉敷幼・小中PTA)が8月30日に行われ、協力しながら8キロの距離を漕(こ)ぎ切った。

力を合わせてかいをこぐ生徒ら=8月30日、渡嘉敷村

 サバニを通して先人たちの知恵と苦労を体感し、困難を乗り切る充実感と達成感を味わうことが目的。国立公園に指定されたふるさとの自然を再発見し、郷土に誇りを持つことなども狙い。島の漁師が以前に使っていたサバニを手入れして使用。9人が乗り込み、途中で交代しながら8キロ沖にある前島を目指した。

 生徒たちにとって、前島往復は初めての挑戦。早い潮流や高い波にもまれながら片道約3時間かけて往復した。船に酔ったり暑さにバテたりしながらも全員の協力でゴール。渡嘉敷港では保護者ら地域の人らが応援に駆け付け、横断幕を掲げて出迎えた。

 3年生の藤原真希さんは前島上陸を果たして「長距離で心配だったけど全員でゴールできて良かった」と感慨深げ。3年の松田陸君も「とても大変だったが全員で港に着いたときは達成感があった」と喜んだ。(新垣聡通信員)