沖縄高等特別支援学校が初めて、企業を招いた学校見学会を開いた。うるま市田場にある同校は、軽度の知的障がいのある生徒のための全寮制の高等特別支援学校。本年度から行政の支援を受けて、就職先の開拓にさらに力を入れている

 ▼受け入れ先を増やすには、まず生徒を理解してもらおうと見学会を開催。クリーニングや木工、農業などの実習のほか寮も見た。仕事も身の回りのこともきっちりこなしている様子がわかった

 ▼参加者からは「従来のイメージが変わった」「自社の雇用につなげた取り組みを考えたい」「職種を、これまでなかった事務系や接客にも広げられるかも」と、良い反応があった

 ▼一方、卒業生の中には、もっとできるのに、仕事をレベルアップさせてもらえずストレスをためる人や、障がいがあることを隠して職を探す人もいると聞き、気になるところだ

 ▼仕事を続けるには、やはり周囲の理解とサポートが必要。「障がい者がいることで、みんなで支えようと職場が仲良くなった」という話もあった

 ▼「障がいがあるから駄目、ここまで」と決めつけず、根気よく育てる気持ちと前向きな姿勢で職場の空気を良くすることもできそうだ。学校での取り組みで、少しずつ自信をつけて、歩みだそうとする生徒たちを受け入れる輪が広がればいいと思う。(安里真己)