全国ワーストの沖縄の1人当たりの県民所得は、労働者1人当たりの年間生産額(労働生産性)の低さに起因していることが、沖縄労働局のリポートで分かった。沖縄の労働生産性は全国平均の7割強。