モンデール氏は在任中の1994年、北朝鮮の核兵器開発宣言で朝鮮半島が戦争の危機に面した際、米側が日本に期待する協力は「ほとんど得られない」と判断していた。