世代を超えて出場者が、その土地の言葉でエピソードや思いを発表する「しまくとぅば語やびら大会」(主催・県文化協会、共催・県、市町村文化協会、沖縄タイムス社)が、20日の大会で20回の節目を迎える。県の「しまくとぅばの日に関する条例」制定より10年先んじて、1996年にスタート。